【剣の対人競技化】第1案であった,竹製のモノサシ(30mmw)を二つに割って,剣の外周を作ってみる。試しに手足を打ってみると,打撃時のダメージは籐製の旧試作品に較べても格段に低下している。

.Association,  /.Sword

キレイに真っ二つにはならなかったので,前後が均等で無く,外見的には少し不満が残っている。(^_^;)
剣の外周を作るだけなら,細い籐製というのもありかな,と言う気になりかけている。

剣の部分を銀色に塗るか,アルミテープを貼るかはあとにして,まずグリップ部分の為に,テニスグリップ(10点セット)を楽天で発注。

やり出すと,旧試作品のグリップもポロポロ崩れてきているし,木刀(日本のでない,五行連環刀を練習するための木製の刀)にも捲きたいし,というわけで,10個ぐらいはすぐ消費してしまうと予測して,,,。

しかし,安くなっているな~。(^_^;)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中