『日中技剣器械協会』設立のお知らせ:このたび,新たに「武器を用いた対人攻防技術の向上を目指す試合」を開催を通して,中国武術及び諸武術の発展に寄与すべく,掲題にあります組織を設立致しました。武術関係者各位及び

.Association, Format

武術に興味あるすべての人の一助となるべく奮励努力する所存ですので,ご支援ご鞭撻の程お願い申し上げます。
===============

①協会の目的(Concept)
(中国武術界に限定せず)諸武術及び武術界の発展に寄与する。
②運営方針(Approach)
  修行者の技術向上と交流及び友好関係育成の為の技術交流試合を開催する。
・勝敗を決めない。(ガイドラインの為のポイントコールは実施)
・大会開催(予定)者のサポート。
③手段(Tool)
「武器の長さ」と「用具&ルールの危険度」を組み合わせた複数の試合の実施
  ◆武器の長さによる分類
   0】暗 器:掌中に隠せる武器(ナイフ・寸鉄・クボタン・点穴針・万力鎖等)
   短】佐助器:上着・鞄に隠せる武器(伸縮警棒・ヌンチャク・九節鞭等)
   中】短 兵:1m未満の武器(剣・フェンシング・日本刀・杖・刀・半棒等)
   長】長 兵:1m以上の武器(槍・薙刀・六尺棒・棍・双手剣・苗刀等)
  ◆用具&ルールの危険度による分類
   S】Soft:クッション素材の器具による武器のみの試合
   M】Middle:軽量素材の器具を用いた組み討ちの試合
   H】Hard:実物近似重量の器具を用いた組み討ちの試合
④運営組織
   会 長:常松 勝(日中武術交流協会代表)
 副会長:劉 品正(華夏伝統武功協会代表)
 副会長:劉 湘穂(中国伝統武功協会代表)
 事務局:河田秀志(散打友好協会事務局兼任)
参考資料:“撃剣競技”企画書.pdf

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中