日中情勢】”尖閣沖、海自艦に中国艦が照準レーダー照射” 日中関係の悪化を懸念される常松老師に「3月の全人代の後から,徐々に日中関係は良くなると思いますよ」と,希望的観測を口にしていたのですが,,,。

.Association, Other

 安倍首相は,前回のように「自分の好みを抑え,経済優先で,関係修復に動く」と考えているのですが,中国側のカウンターパートナーが,思い至らない。(う~む,中国現代史以降は,平均以下の知識量かも,,,(ρ_;))

 日中関係を悪化させるような過激な発言をするのは中国軍部の内でも非主流派だというのは, 判ってきたのだが,,,,。

 今回の,「(共産党政府が)わしゃ,知らん」というのは,また新しいパターンのように思える。

 ・照準レーダーの軍事的意味あい
 ・照準を当てる行為はいつから始まり,どれくらいの頻度だったのか
 ・政府(党)が,軍部の行為を知らないと答弁することの意味

について,調べないと。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中