撃剣研究】中野体育館から帰宅ナウ。竹内流備中伝新風館中野道場にお邪魔して,六尺棒による対人攻防他を見学してきました。強度を保持する為,中央部に芯として金属棒を入れる必要があると言うのは,非常に参考になりました。

.Association

 髙城先生を初め,門弟の方々の何人かはFBUDO以来の古い顔なじみ(^_^)

 使用していた竹製の六尺棒は重量的には,赤樫製のものとほぼ同等なので,攻具分類では,Hard-Realになるけど,対戦相手の剣の方は,Hard-Rightになりそうかな?

 脛当ては,散打用を前後に二個使いすればよさげ,,,。(^_^;)
 それと,籠手がなぎなた用は三本指で「こそぐ」こともできるし,剣の「螺把」の技法も使えそうなのが,Goodでした。

 剣用の籠手,安全性と操作性を両立させる方法に苦慮していたのですが,なぎなた用にすれば解決かも。

 髙城先生&5/4の試合に参加予定の川上さんと。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中