撃剣研究】八卦剣では相手の予想をどう裏切るかが肝要だな、と、、。動き続けるのが八卦掌なので、八卦掌らしい剣の用法として、「動きながら」というのを心がけているのだが、

.Association,  /.Sword

相手に読まれるし、自分の動きも単一化しやすい点をどう改善するかが、新たな問題として浮上した。(^_^)

目標は「多歩一剣」だけれど、まだまだ「数歩三剣」ていどな、と。(^_^;)

今日は蒲田高校にお邪魔して、山下先生と撃剣研究を実施。

櫟さんの改善版袋竹刀に慣れたせいか、通常の袋撓が細く感じられ、握りにくい。簡便式になにかアダプタを加えることと、技術の向上の為、袋竹刀用の鍔もかんがえようと言う気になってきました。

今回は、山下先生は主に長刀。長刀って思ってたより堅い。脇腹を突かれて、一瞬息が止まりました。(右半身なので、そこを突かれると防具の隙間から諸に脇腹に当たるんです。(ρ_;))今もすこし痛い。

このところ時間を取られていたWindows8.1アップグレードに伴うトラブル。一番気になっていた、「USキーボードに切り替わってしまう」が、なんとか治ったかな? 治ってくれているといいなと。

広告

撃剣研究会&焼香:午前中、家を出ようとする時は豪雨で、剣道防具2揃いと槍2本、双手剣1本、

.Association,  /.Sword, Other

さらに傘を差して行くのかと思うと、泣きたくなりましたが、、、。幸い重量的にはたいしたことはなかったのでなんとかなりましたが、、、。

剣道の面をつけたとたんに小鼻が痒くなって往生しましたけどね、、、、。(^_^;)

 

槍の突きの正確さが(若干?)向上したような、、、、、。(^_^;)

扎と崩拳の連動はマダマダだけれど、ね。

それと、参加者全員に「防具のないところを攻撃してはダメ」をしっかりと頭と体に染み込ませないと、、、。

 

熱中症を避ける意味でも、水分補給は大事。というわけで、次回までに面をつけたまま水分補給が可能になるように検討中。

 

帰宅ナウ。mixiの武術研究会 櫟(アララギ)のオフ会より帰宅。袋撓の改造バージョンを試させて戴いた。竹を太くした袋撓を剣化すると、衝撃度は弱まるし、重さはRealWeightに近づくし、といいことづくめみたい。(汗)

.Association,  /.Sword

幸い、(教えて戴いた)竹の入手先は、ウチからそう遠くないし、、、。

今度、ユザワヤの皮をちゃんと確認しにいかないと、、、。

消耗度が現状より改善されるのなら、槍や棍と言った長モノも袋撓化を考えてもよいかも、、、。

(このときの、ネックは搬送性が低下しちゃうことなんだけど、、、、(^_^;))

撃剣研究】Soft防具の改造。耳への直撃を貰った時の衝撃が気になるとの意見ががあったので、Soft用の面に耳当てを追加する改造を実施。気持ち改善が見られたような気がする。(汗)

.Association,  /.Sword

しかし、円形のプラスチック+クッションをかましたけど、せっかく面の色に合わせて、黒く塗ったプラスチック。ちょっと触ってたら、もう剥がれてきている。(ρ_;)

2個目以降は、色無しで行く事になりそう、、、。

撃剣研究会】剣の対人競技化。11/23のエキビジョンマッチまでには剣のストックを増やすとして。その前にモ少しハードなハード&ソフトの検証の為,「撃剣研究会」を立ち上げないと。第1回は「新宿SC,4F」14日,10~12時

.Association,  /.Sword

&13~15時,かな?

 希望者はTwitter,Facebook,mixi,mailどれでも好きなものでコメントしてもらえれば,嬉しいです。

 初心者のうちは刃筋が立ちにくいので,横の竹の部分が当たることも多く,そうすると若干痛いので,しばらくはクッションを横面にもはみ出るように貼ってようと考えていました。
 が,「崩」の技法がやりにくい。
 と,いうわけで,クッションは刃に相当する部分だけで行こうかと,,,。

 火曜日に,撃剣ハード用の籐製剣を振り回していたら,なんかバランスが悪いし,どうも刃筋がブレてる感じ。
 オッカシ~ナ~,と思ってよく調べてみたら,3箇所ある剣部の2本の籐を固定用する竹釘の内,中央部のが折れてました。
 こないだ撃剣Middleの耐久性を確認にするために,ガンガン打ち付けたので,一番弱い所がイカレタみたいです。
 このように,使っていると問題点も明らかになってきますので,より実際に即した感じで検証をしないと,ネ。

 まあ,11/23はエキビジョンマッチなので,「本番」ではないけど,できるだけ完成度を上げておきたいですからね。
 柔らかい分,撃剣Middle用の剣の方が,撃剣Hard用の剣より,耐久性が上としたら,面白い。(^_^)

 上から,撃剣Soft用,撃剣Middle用,撃剣Hard用,表演用 の各剣。

【剣の対人競技化】今日は八雲で喉周りの防具の確認。現状では,防具のない上腕・大腿・喉周りは攻撃対象外の予定だけど,安全性の高いものができれば,喉への攻撃は剣道のようにアリかも,と言う気に

.Association,  /.Sword

なりつつある,,,。(^_^;)

(在庫の)面防具の天頂~後頭部用のクッションを喉周りに巻き,喉の前にも垂らすという案は,おもったほど邪魔にならない,,,。

それと,普段の練習用にホームセンターで入手可能な,厚めのフェルトも試して見る。
ふむ,チク チクするのを防止するためにと,タオルを巻いてみたけど,クッションにもなって,予想以上にヨサゲです。(^_^)

【剣の対人競技化】2mmφのドリルの調達のついでに,最近行っていなかった,ダイシン百貨のDIYコーナーを鍔用にピッタシの厚さの木材がないか,探索。工事が終わっていて倍くらいの売り場面積になっただけでなく,

.Association,  /.Sword

営業時間も長くなっていて,ビックリ。(^_^;)

ドリル,当初は一番安いので十分だと考えていたけど,紛失防止の意味も込め,芯触れ防止機能付きの「鉄工用クッションドリル」を購入。
帰宅後,さっそく撃剣Middle2号機の先端部分の孔空け。
うん,六角軸タイプなので,力強い。(^_^)

ヤフオクで,糸鋸盤をいくつかウオッチ中。(1万円以下というのは,ちょっと無理そう,,,。)

【剣の対人競技化】耐久性がやはり気にかかるので,撃剣Hard用の剣で撃剣Middle用の剣をガンガン叩いてみた。そしたら,接着剤より木材の方が弱くて,先端を固定した木材が薄く剥がれる感じで割れてしまった。

.Association,  /.Sword

ふむ,してみると,孔を空けて丈夫なヒモで結ぶという,クッションテープを巻きやすくする為に考えた予備案が有効ということになるのか,,,。
もっとも,じゃまにならないようにヒモをできるだけ短くしていたら,それがほどけてきたので,ある程度以上長くして,邪魔にならない保持法を考えないと,,,。

あれれ,一番使い勝手の良い,2mmφのドリルが2本あるハズなのに,どこにも見あたらない,,,。(無くした記憶はないんだけど,,,。(ρ_;))
1.5mmφのが,ぎりぎり使えたから,良かったけど,,,。

剣本体を形成する竹の強度には全く問題なさそうで,ひと安心。(^_^)

とりあえず,ハード的にはひと段落ついたので,使い勝手を考えて,握り側の鍔を痛くないように丸める作業も。
むか~し,卓球のラケットを自分の使いやすいように,彫刻刀や紙ヤスリで加工した事を思い出しました。
それにしても,蘇東成老師の作られた「撃剣Hard」用の籐製剣の完成度の高さに溜め息がでます。

【剣の対人競技化】昨日実験していて,水平斬り及び突き(刺)時,喉の防御具の必要性を痛感したので,調査&作業。押入の一番奥からフェンシング用のマスクを引っ張り出してみたら,スポンジ部分が劣化していて使い物にならなかった。

.Association,  /.Sword

10年くらい経ったんだっけ?

その点,剣道の面の喉の防御はしっかりしているし,布製なのでスポンジやクッション劣化の心配はなさそうだな,と。
いろいろ見てみて,フェルト系の堅めのものを喉の周りに巻く案が一番簡単かな?

それでに合わせて,現状の面をCheckしていたら,ゴムが劣化していたり,後付のゴーグルが不安定だったりしているのを見つけて,修正作業。(割と時間を取られた)

しかし,安めのゴーグルがたくさん部屋のなかにあるな~~~(なんでこんなに買ったんだっけか? (^_^;))