自炊】クリス・アンダーソン『FREE(フリー)』⇒なるほど(私が愛用しているのはシックだけど)ジレットが、替え刃を売るというフリー(無料)のビジネスモデルを発明した(と思われている)のか、、、。

Books

ブック・レビューは面白かった点を3つくらいと,それから得られた指針についてまとめようとかんがえているところなのですが,,,,。(^_^;)
とりあえず,

input output
・少額支払いのビジネスはほとんどが失敗している
・選択肢の経済コストをいくら最小にしても、認知作業のコストは残る
・コンテンツ制作者は自分の提供するものから料金をとろうという夢をあきらめるのが賢明
”情報”以外のものを売る
・デジタルのものは、遅かれ早かれ無料になる
・寿命の切れかけた本に新しい読者がついたことに大喜びしないことが不可解
所有する”情報・コンテンツ”は積極的に公開
・ お金を払わないために時間をかけることは、「最低賃金以下で働いていること」を意味する 「経済的インセンティブ」により,知識・智恵を増やすキッカケor選択能力を向上させる練習,と考える。
・どれほど人気のプログでも、プロガーがそれを書くことに費やす時間に対して広告収入では最低賃金すら払えない アドセンス目的ではなく,注目と評価を得るためと考える。(経済的インセンティブ < 社会的インセンティブ)

 

広告

結果,自分の本『内家拳の組立手順書』は,(出版社との関係もあるので,許される範囲と思われる)目次と1章くらいを試し読み可能にしようというと考えになってきています。

Books

 ホームページの更新~デザイン変更もしないと,,,。

目にウロコに留意しつつ】そうか,ごく普通の判断についても,女性の情報源について気にしない判断と,男性の半可通の判断では有意差はないかも。「猿に勝てないプロ投資家」というのは知ってたけど,自分にフィードバックできていなかったな~

Books

 録画した「コロンビア白熱教室」をBGVにしていて。

 “マーケットを2%以上上回るファンドは、全体の2%”
 つまり,2σ≒上の中≒偏差値70以上のファンド・マネージャーでないと猿やサイコロに勝てないというのは知っていた。
 で,プロ投資家や評論家が信頼に足るものではないことは理解していたけど,それは未来予測故の困難さだと考えていた。
 しかし,ごくごく普通の日常的な判断も同様である可能性に気付かされた。

 少し前に,女性は情報源について,誰が言っているとか,どこで聞いたとかを気にしないと聞いて,それで大丈夫なのか~?と思っていたけど,男性のそれも調査不足だったり,「自説を補強する情報を選択する」等のバイアスにより,いくつかの候補の中から優れた物を選別するという一般的な選択でも,女性との有意差は無いのではないかと思えて来た。

 『選択の科学』読まなくっちゃ。(^_^;)

自炊】目次『武術』002=1983春季号 バックアップと他に同じ雑誌を所有している人のインデックスとして役立てて貰えればと考えて。

Books

 ズイブン前から武術関係の雑誌の目次のデータベースを作りたいと考えていたのですが,OCRソフトが能力的にいまいちだったのと,雑誌の方でレイアウトや絵づらに凝っていたりするため,果たせませんでした。
 だいぶよくなっているのですが,それでも雑誌自体のScan時間より目次の打ち込みに倍くらいの時間がかかっているのですが,,,。
 3番目の保管場所としてクラウドの実験もはじめたことですので,目次のテキスト化もぼちぼちと,,。(^_^;)
==============================

002 『武術』  1983.春季号

空手道の世界チャンピ才ン小山正辰が自らのルーツを求めて

南拳日本空手道のルーツその技法,歴史/小山正辰……………………2

伝統拳の実戦用法松田隆智……………………17

陳氏太極拳「懶紮衣・玉女穿梭」七星蟷螂拳「五打連環劈・?腿より呑搨扇風」

八極拳「砲捶・頂心肘から穿山靠」

形意拳「龍形拳」八卦掌「太公釣魚」劈掛掌「劈掌から掛掌」

拳法密度は世界一の台湾を本誌編集部が直接取材

台湾拳法事情 台湾は武術の宝庫、ホットゾーンだ……………………34

台北新公園、武術のホットゾーンをミニルポ「ネクタイ締めて功夫.!!かと思えば秘伝!?あり」

擒掌の高手、沈茂恵老師に聞く「最も強力な拳法は北派少林長拳だ」

長拳入門 連載2 /潮田強……………………53.

刀術(基本・組含せ練冒・案戦用法)

太極拳を学ぶ その①/李徳印……………………65

四十八式太極参

これが李連傑だ……………………41

文革の嵐を越えて「武術表演賽」……………………81

「’82全中国武術表演賽〔杭洲)」

「’82全中国武術対抗項目表演賽(北京)」

「’82第一界中国国術国際表演賽(南京》」

LET’S武術ING早大中国武術研究会……………………90

套路入門シリーズ[1] /編・呉信詳/李高中

酔拳(上)……………………102

武田鉄矢の武術入門…………………… 113

気功入門②/高橋賢……………………121

自炊】中田宏『政治家の殺し方』玄冬舎 ①日本にはスラップ(恫喝訴訟)を禁じる法律がない ②支援者に頼んで陳情書を議会に提出⇒複数の議員が結託して公開質問状を提出⇒新聞や週刊誌のネタ,という情報ロンダリング ③オール与党なので自浄作用なし 

Books

 ちょうど大阪のW選挙がらみで週刊現代&文春がそのものずばりをやっていたのでタイムリーでした。(^_^;) 【修正】「新潮」の間違いでした。
 この本でも週刊現代は大活躍してます。(^_^;) (^_^;)
 なるほど,国会議員クラスになると,捏造や根拠薄弱だった旨ちょっとリテラシーのある人だと確認できるけど,地方の首長クラスだとリカバリー不能なんですね。
 それを担うべきは地方新聞なんでしょうが,これからもより期待薄な気がします。
 高齢化&IT普及で,リタイアした会社員とか奥さんとかで,地方議会ウオッチャーのようなブロガーが増え,その中で取材力のある人が出てくるという明るい未来を夢想してます。(^_^;)

 逆にいうと,あれだけひどいネガティブキャンペーンをやられてたのに改革に票を投ずる大阪~日本人の「民度」ってそこそこ高いのでは?と思えて来ました。(^_^;) 

 

自炊】自炊した雑誌「武術」のpdfデータの3番目の保存場所としてクラウドを試してみる。最近オークションをやってなくて解約を考えていたYahooがYahoo!ボックスなるものをやっていたので,そこに置いてみた。

.Personal, /Amusement, Books, PC,IT

データは3重のバックアップを,できれはメディアも変えて取りたいと考えています。
こないだ大連で撮影した動画データをやりとりするのにDropBoxをつかってみたところ,なかなか良好でした。

そこで,自炊した武術関係の書籍のデータのバックアップ場所を,①内蔵HDD,②外付けHDD,③クラウド(Yahoo!ボックス)にしようかな?,と。
当初,3番目のバックアップはDVDかBDにしようかと考えていたのですが,無料のクラウドストレージサービス(Yahooは,ちょい違うけど)でも,SkyDrive:25G~レノボ:200Gとなりそうな気配なので,十分使えそうな気がしてきました。
少なくとも,Yahoo!ボックスだけでも50Gあるので,中国武術だけでなく,空手雑誌も含めた「雑誌」全てを,ひとつのところに置けそうです。

問題は,裁断~読込みに10分/冊なのに,目次の打ち込みに倍以上の時間を要する事。
薄く模様があったり,白黒反転混在だったりと,30号あたりまで編集さんが目次のレイアウトに凝っている為,OCRソフトが読み込んでくれないんです。(をを! 編集長は現BAB社長の東口さんだ。(^_^;))

そうか,少し前までクラウド化に後ろ向きだったのは,光にしてなくて遅かったからか,,,。(^_^;)

自炊】與那覇潤『中国化する日本』文藝春秋社2011/11/20発行「毎年が天保の大飢饉状態だった戦国時代」「姥捨て山は偽の江戸、孫捨て都市が真の江戸」「二大政党制を壊すというのは,わがニッポンの偉大な発明」

Books

 発売日に,近くの書店を廻ってみたけど見あたらなくて,結局ネットで発注したんですよね。いや,期待を裏切らず面白かった。
 うん,中華原理主義で敬遠していた朱子学をちょっと見直した。(^_^;)

●毎年が天保の大飢饉状態だった戦国時代

・戦国時代の死亡者数は春先(3.6月)にもっとも多く、夏から秋にかけてなだらかに減少し、逆に冬から増加してまた翌年の春にピークをつける
 ⇒ 食糧の端境期を乗り切れずに飢えて死んでいるということ。グラフの形は江戸時代末期の天保の大飢饉時のそれと完全に一致。
  ⇒ ジャポニカ米が日本全土にあまねく普及し、日本の農村といえば何といってもたわわに実る水田、という景観があたりまえのものになったのは、徳川初期の新田開発による

 戦国時代から江戸時代にかけては小氷期ですからね~。というより,江戸時代は寒冷化していたのに,食料を増産して人口増加に繋げたのはスゴイなと,,。

●「姥捨て山は偽の江戸、孫捨て都市が真の江戸」

・江戸時代,最初の100年間の急激な人口増加に対し、次の100年間は全国人口がピタリと停滞してほぼ横ばい。
 ⇒ 江戸時代最後の約100年間に都市へ働きに出た男女のうち、奉公の終了理由最多の「死亡」は4割近い。
 ⇔ 大戦時赤紙が来て出征し戻ってこないケースは、4人ないし5人に1人。
 ⇒ 村から出稼ぎに出て帰ってこないのは3人に1人。当時の江戸や大坂は太平洋戦争以上の死亡率の高い職場だった。

 二宮尊徳の改革の成果で出生率が伸びて云々があり,税率と女性の出産志向の関係が頭の隅に引っかかっていたのだが,,,。
 江戸時代の終わり頃は日本全国がはげ山化しつつあったということ以上に,江戸時代の美化に対するネガティブ・データだな。(特に3代続けての次男の私にとっては)

●「二大政党制を壊すというのは,わがニッポンの偉大な発明」

・「戦前の暗い時代」とは、選挙結果を見れば一貫して社会主義政党が伸びていった時代
・「軍部がやる社会主義」が軍国主義
・1940年前後に定着した国家主導の財政運営や企業統治のあり方:「40年体制」の特徴は,集団ごとの「垣根で分けられた社会主義」

 そうか,もしかすると「2回目の二大政党制破壊」が見られるのかもしれないのか。(^_^;)

今日はこのあと,中央区総合SCで開催している「2011タイ・癒し祭」へ。(コンセプトが「武術と健康法の祭典」から変わったので今年から出番が無い(^_^;) 今日はこれまで頑張って雑誌「秘伝」を自炊。

.Association, /.odd job, Books

20冊ほどやったので,本棚にひとかたまりほどの隙間ができた。
雑誌「秘伝」は,初めにカラーページが40頁ほど来て,それ以降は全てモノクロだから,SCANモードを換える手間が少なくて楽。たまに白っぽい写真がバックとのコントラストが付かなくなるのに悩むけど,,,。

【自炊:「月刊空手道」-496-2011-10】買った雑誌はできるだけその月のうちに自炊して本棚に貯めないように心がけ始めているトコロ。まず遠山栄一郎先生の不定期連載を楽しく読む。25歳年下の対戦相手に試合直後に教えを請うという姿勢

Books

にすごいナ~と感心。

「オヤジの花道!」 ~それでいいのか? 日本のプラス志向~ のプラス思考の3つのマイナスが参考に。(^_^;)

①手段と目的の混同:プラス思考になること,プラス思考で行動することが目的とかしている人が多い。

②プラス思考の閾値が低い:「汗、涙を流さない、競争しないお手軽プラス思考」になってしまっている。

③「敗者復活戦」というのは、外国由来ではなく、日本独特のもの。「努力すれば報われる」と言いつつ「だめなこともある」という敗者復活戦を用意する。矛盾してるけれども、その矛盾をあえて誰も突っ込まない「あうんの呼吸」が日本的な絶妙のバランス。

①は自身よく口にしていたテーマだったけど,私とは切り口が異なり,面白かった。

②③は新鮮な驚き。(そうか,だから,アメリカ人に敗者復活戦を考えさせると,アメリカのワールド・ベースボール・クラシックのようなワケの解らないものになるのか)

特別企画が[中国武術クラシック]なので,『武術』を読んでいるようなデジャブに陥った。(^_^;)

「自炊:ちょっと大物『中国武術大辞典』」蘇老師が人物をCheckするのに使われているのを見て,翌年の香港で速攻で購入した記憶がある。三聨書店のシールがあるから,金子さん主催で香港島サイドのホテルに泊まっていたごく初期のころかな?と。

Books

 人名辞典としては思ったほど詳しくなくて,『武術』に索引をつけなくてはと再確認したんでした。(全然やってないけどね)

 他流派というか,自派以外の視点ではどうなっているかを確認したい時,これと康戈武編著の『中国武術實用大全』で確認するのが通例となってますね。

  紙質が悪くて酸化して周辺が赤茶けてもろくなってきており,へたをすると後数年でポロポロと崩れだす怖れがあったので,自炊を実施。

 ※ノウハウメモ:明るさ-コントラスト,を弱くすると,四辺の酸化して赤茶けが目立たなくなる。